柏の日本料理店「ぶんけ(bunke)」

お友達が誕生日祝いをしてくれるということで、柏駅西口の一小通りの駅側の入り口に新しくできたぶんけさんに行ってきました。

ちょっと前から飲食店を建てていたのは知っていたので、何ができるのかなーと気になっていたんですよね。

女将さんに聞いたら、柏駅東口で40年続いているお店で、人生の集大成として西口に移転し、高級志向の人向けのお店として再オープンしたらしいです。

柏駅にしてはだいぶ高い価格設定(1番安いコースで1万円)ですが、40年続いているお店なので、平日にもかかわらず常連さんで賑わっていました。

食べた料理はこんな感じ。

先付
先付

カリフラワーのムース+ウニ+キャビア
カリフラワーのムース+ウニ+キャビア

塩昆布のしんじょうとたけのこのお椀
塩昆布のしんじょうとたけのこのお椀

ふぐのお造り
ふぐのお造り

キンキの煮つけ
キンキの煮つけ

ふかひれの茶碗蒸し
ふかひれの茶碗蒸し

ヒレステーキ
ヒレステーキ

特別に出してくれた天麩羅盛り合わせ
天麩羅盛り合わせ

アワビ on カッペリーニ
アワビ on カッペリーニ

葛きり
葛きり

お店の公式サイトを見た感じでは王道の和食なのかなーと思ったら全然違いましたね。

いきなりエスカルゴが出たり、キャビアが出たり、〆にはカッペリーニが出たりと、だいぶ洋食の要素を取り入れている印象がありました。

女将さんに聞いたら、休みの日には都内の有名なフレンチに食べに行っているようで、良いところは取り入れているそうです。

個人的には、ベタに筍とか桜えびの炊き込みご飯が食べたいなーと思っていたんですが、カッペリーニなんかはその思いを凌駕するほど美味しかったので、イメージとは違いましたが食後の満足感は高かったです。

追加料金を払えば、松茸のコースや蟹のコースなども作ってくれるそうなので、お金持ちの方はぜひ(笑)

客単価が1万円を超えているだけあって、接客レベルもさすがに高いですし、器も良いものを使っていたので、体験として捉えてもお薦めできるお店です。

柏にももっとこういうお店が増えればいいのにと思わせてくれるお店でした。

ABOUTこの記事をかいた人

坂口 勇人

1980年千葉県生まれ。4年間会社員を経て独立。仕事は個人店への集客コンサルティングがメイン。現在会社は8期目。コンサルティング実績は、美容サロン、治療院、飲食店などで月間売り上げを数十万円~数百万円アップさせる。趣味は美味しいものを食べること、演劇鑑賞、プロレス観戦。